新しいフラグシップメンバーAB InBev Japan

AB InBev Japanについて

 

AB InBevは、ベルギーのルーヴェンに拠点を置く多種類の飲料および醸造会社です。当社は、堅実な成長と厳選された価値を高める買収と組み合わせの組み合わせを通じて、世界的に見たビール市場で主導的な地位を築いてきました。私たちは約20万人の同僚を擁する真にグローバルな醸造業者であり、世界中の消費者の進化するニーズに応える立場にあります。

 

地元の醸造所から愛されているクラシック、歴史的なレシピまで、ブランドに関しては、すべてを醸造しています。 500を超えるブランドのポートフォリオは、あらゆる種類の機会に適応できるビールを提供していることを意味し、象徴的なブランドは世代やコミュニティを超えて人々を結び付けます。 500以上のブランドと数え切れないほどのビールの種類で、私たちは提供されるすべてのグラスに大きな誇りを持っています。

 

グローバルブランド:国境を越えて消費者にアピールする共通の価値観と経験を活用して、バドワイザー、コロナ、ステラアルトワの3つのグローバルブランドは、世界中のかなりの数の市場で認知され、愛飲されています。

マルチカントリーブランド:国内市場に強力な消費者基盤を持つ当社のマルチカントリーブランド、ベックス、ヒューガルデン、レフ、ミケロブウルトラは、選択した市場に国際的な味をもたらし、大陸全体の消費者とつながります。

ローカルブランド:地元で人気のある味を提供し、アギラ、バドライト、カールトンドラフト、キャス、クリスタル、ハルビン、ポーカー、スコル、ビクトリアなどの地元のブランドは、国内市場の消費者に特に愛されています。

 

また、私たちは何年にもわたってサステイナビリティに取り組んできましたが、現在はさらに進んでおり、コミュニティに目に見える形で前向きな影響を与える目標を掲げています。 2025年の持続可能性目標を通じて、私たちは何千もの農家に技術とスキルを提供し、発展途上国での水へのアクセスと水質を確保し、サプライヤーと協力してリサイクルコンテンツを増やし、地域のグリッドに再生可能エネルギー容量を追加しています。

 

そんな中、AB InBev Japanは2015年に設立され、過去5年間で着実に拡大しています。現在、日本のプレミアムビールは「ビール愛好家向けビール」と位置づけられていますが、認知度が低く、店舗数も少ないため、まだまだポテンシャルはあります。

新たなパイオニアとして市場を開拓していきたいと考えており、今後も日本の市場動向の変革に積極的に挑戦していきます。